6月の安全運転講習。

6月の安全運転講習。

地域交通安全センターとして今回は四輪車の活動報告です。
先日、大型バスや中型バスを扱う会社様・保育園バスを運転する方々の講習を行いました。

バスを扱う会社様の講習は下記のような内容でした。
1. 適性検査・・・性格診断テスト
2. 危険予測のテスト・・・イラストを使った問題
3. 車両感覚体験
 ・後退しながらポールに車体を合わせる(車両後方とポールとの幅を50cm以内に停車するなど)
 ・前輪タイヤで前方の板を踏む(ドアミラーを隠した状態、隠さない状態で走行して、誤差を比較してもらう)

基本走行や性格が運転に与える影響についてなどお伝えさせていただきました。
普段運転されているバスと違う車両を使用したので少し苦戦されていたようですが、有意義な体験となったのではないでしょうか…!

保育園バスを運転する方々の講習は下記の内容でした。

・講話・・・園児を乗せた時の注意点
・路上での住宅街等走行
・場内で方向変換

方向変換ではまず普通車で実施してもらい、その次にバスで行うことで車両感覚の違いを体験していただきました。
実際に住宅街等を走行していただいたので良い講習になったと思います。

講習の内容を是非生かしていただいて、これからも安全運転よろしくお願いします!