準中型の教習情報

準中型の教習情報

準中型免許とは

準中型自動車免許は平成29年3月12日から新設された免許です。
必要となるのは下記の条件のいずれかに該当する場合です。
・車両総重量  3.5t以上 7.5t未満
・最大積載量  2t以上  4.5t未満
・乗車定員   10人以下

普通車などの免許がなくても18歳から取得可能

準中型免許が新設されるまでは、最大積載量4tのトラックに乗りたい場合、20歳以上になってから中型免許を取得しなければ運転することができませんでした。
しかし法改正により今は普通免許と同じく、18歳以上であれば取得することができます。
それも普通免許を持っていなくても最初から準中型免許が取得可能です。

準中型となると車体が大きくなり、運転が大変かと思うかもしれませんが、写真の様に教習車のサイズは普通車とほとんどかわりありません。
それに、技能教習の半分以上は普通車にて行います。

高校生のみなさん!運送業や土木関係の就職に即戦力となります!

よくコンビニの集配車両や宅配便の車をみかけると思いますが、あれら小型トラックのほとんどと、3〜4tダンプはこの免許で運転することができるようになります。
もし今後大型自動車免許を取得することになる場合、普通免許を持っているよりも技能の時間数が短くなるので、仕事をしながら取ることを考えたら、高校生のうちに取得しておくことがオススメです。

気軽にお問い合わせください。
上越自動車学校 高田教習所
TEL: 0120-948-625(通話料無料)

営業時間 9:00〜20:00/営業カレンダーをご覧ください